法政大学応援団吹奏楽部のホームページへようこそ♪

法政大学応援団吹奏楽部




応援団の吹奏楽部として

リーダー部・チアリーディング部と共に、

体育会の選手たちを全力で応援します。

野球部の春秋の東京六大学リーグ戦を始め、

他にもアメリカンフットボール部・ヨット部

ボート部・陸上競技部の箱根駅伝など

さまざまな体育会の活動に駆けつけています。


がんばれ法政!!






本年度、東京六大学応援団連盟常任委員を務めます
菅恵里花と申します。

応援活動では、連盟常任委員として
東京六大学野球リーグ戦での
スタンド応援を担当しております。

選手から離れたスタンドで応援する野球応援において、
声の何倍も大きな音が出せる吹奏楽部の演奏は、
スタンド応援の核といっても過言ではございません。
だからこそ部員1人1人が滾らせた想いを音に込め、
応援する立場として
選手の方々の直向きな努力に向き合い、
少しでも野球部の勝利の後押しを
出来るよう死力を尽くす所存です。

どのような状況下でも団が最大限の力を発揮し、
我々の使命を果たせるよう努めて参りますので、
今後共どうぞ宜しくお願い致します。



本年度、吹奏楽部総務責任者を務めます
横山知穂と申します。

応援活動では、吹奏楽部総務責任者として
リーダー部、チアリーディング部と連携を取り、
各種体育会応援を担当しております。
毎年アメリカンフットボール部、サッカー部
自転車部、男女ラクロス部、ボート部、ヨット部
陸上競技部等数多くの体育会の方々から
ご依頼を受け、応援させて頂いております。

勝利を目指して汗を流し、大きな声を出しながら
競技と向き合う選手の方々の姿は大変格好良く
応援団である私達自信も勇気づけられます。
そんな選手の方々に「頑張れ」と声援を送るに
恥じない姿を見せる為、私共も日々精進して参ります。

本年度もどうぞ宜しくお願い致します。














私達の一番基本となる音楽活動です。

吹奏楽のオリジナルの曲

クラシックオーケストラ曲の吹奏楽アレンジ

ポップスなど様々な曲を演奏します。

入学式の演奏や夏の吹奏楽コンクール

秋の定期演奏会に向けて

日々練習を積み重ねています♪




本年度、学生指揮者務めます
矢嶋祐介と申します。

法政大学応援団吹奏楽部は、
応援活動、コンクール、定期演奏会等、
様々な場所で演奏する機会がございます。
楽器という物は吹き方が一つではありません。
届ける対象、場所によって
吹き方を変えなければなりません。
細かい吹き方のニュアンスを練習する事は
非常に大変ですが、
我々の演奏を聞いてくださる皆さんに感動を届ける為に
日々努力をしております。

今年度も大変な時期が続く事が予想されますが、
我々の演奏で皆の事を勇気づけられるように
精進して参ります為、
今後共どうぞ宜しくお願い致します。












マーチングとは
音楽に合わせた動きを加え、
視覚的にも楽しめるパフォーマンスのことです。

歩きながら演奏して隊形を作る
【メンツ】
旗やライフルで色彩感を与える
【カラーガード】
持ち歩けない大型打楽器で
バンドの表現幅を豊かにする
【ピットパーカッション】
に分かれています。

3パート合わせた
大迫力のステージは必見です☆






管楽器を演奏しながら移動し、場面に合わせて
隊形を次々に作ります。
マーチングならではの迫力ある演奏はもちろん、
音楽と調和した動きや隊形が魅力です。
滑らかな動きが特徴のコースタイル、
主にチアリーディング部と合同の際に使う
キレのある動きが特徴のカレッジスタイル
という歩き方を用いています。






マーチングで使用される楽曲では、
打楽器がとても重要視されています。
その大事なパートを担っているのが
私たちバッテリーパートです。
バッテリーは数種類の打楽器で
構成されています。
曲中の美味しいところを任されることも多く、
プレイヤーとしての魅力が満載です。






カラーガードはマーチングにおいて
旗やライフルなどの小道具を使いつつ
身体を使って
音楽を視覚的に表現するパートです。
メンツやピットパーカッションが演奏する曲に
合わせて、時に美しく、時に格好良く
パフォーマンスを行うことで
マーチングステージを
より一層華やかなものに彩ります。






ピットパーカッションは
メンツのようにステージの上で歩いて
演奏したりはしませんが
花道から様々な打楽器を演奏するパートです。
クラッシュシンバルや
ティンパニなどの大型楽器から
グロッケンやシロフォンなどの
鍵盤楽器まで多種多様の楽器を演奏しており
花道からステージの演奏を支えています。




本年度、ドラムメジャーを務めます
菅恵里花と申します。

マーチングは吹奏楽部のみかつ学生主体での活動であり
その統括及びステージの企画構成を
担当しているのがドラムメジャーです。

応援団の主軸である応援活動で
マーチングをお見せする事はございませんが、
応援と同じようにステージをご覧になって頂く方を
はじめとした皆様に、何かを感じて頂けるような
パフォーマンスを目指しております。
同時に、マーチングでの学びや成長が
応援団の活動に繋がるような活動を目指し、
部員全員で切磋琢磨して参ります。

私自身も部員に沢山支えてもらいながら、
スタッフとして精一杯努めて参りますので、
今後とも変わらぬご支援の程宜しくお願い致します。



本年度、ガードチーフを務めます
柴田彬寿と申します。

ガードチーフは
応援団吹奏楽部の活動のひとつである
マーチングにおいて、カラーガードの練習指導
ステージの構成、演出などを担当しております。
マーチングステージを観ているお客様に
少しでも楽しんでいただけるように、
私共も練習の際から「楽しむ心」を持って
日々の活動に取り組んでおります。

本年度も最高のステージをお見せできるよう
精進して参りますので、
今後とも変わらぬご支援どうぞ宜しくお願い致します。

↑ PAGE TOP