法政大学応援団吹奏楽部のホームページへようこそ♪

トレーナー紹介

常任指揮者
Clarinet(クラリネット)





山田昌弘 先生
1967年 静岡県浜松市出身。
浜松市立入野中学校吹奏楽部にてクラリネットを始め、故 酒井正幸氏、山本洋志氏、秋山紀夫氏、大杉哲氏より吹奏楽指導法を学ぶ。
浜松北高等学校在学中に指揮法、合奏法を修得し
学生指揮者として活躍。
法政大学に進学後、当吹奏楽部に入部し、四年次に指揮者を務める。
1991年NTT入社と同時にNTT東京吹奏楽団に入団。
翌年指揮者に就任し、これまで全日本吹奏楽コンクール全国大会に
7度出場(金賞3回、銀賞4回)。
学生の指導にも力を注ぎ、
法政大学、法政大学中学高等学校の指揮を務めるほか、
クラリネットトレーナーとしても、芝東中学校、朝霞第一中学校、浦和吹奏楽団、NTT東日本東京吹奏楽団を全日本アンサンブルコンテスト全国大会に導く。
21世紀の吹奏楽「饗宴」会員。日本管打・吹奏楽学会会員。
日本吹奏楽指導者協会(JBA)会員。

Percussion(パーカッション)







濵口大弥 先生
香川県出身。12歳より打楽器を始める。
高松第一高等学校音楽科、東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。
アンサンブルユニット「阿修羅少女-ASURA GIRL-」、ヴォーカルユニット「ffake」ドラム担当。打楽器アンサンブルカルテット「NaNoHaNa」、「りずむあんさんぶるふぁ〜む」メンバー。
サラ・ブライトマン、KinKi Kidsなど多くの著名人のバックバンドに参加。全国のプロオーケストラ、プロ吹奏楽団にもエキストラ出演している。 演奏家としての活動以外に、小・中・高・大学・社会人を対象にした吹奏楽部での演奏指導や指揮も担当するなど活躍の場を広げる一方、作曲やアレンジにも力を注いでおり、2015年のルクセンブルグ国際打楽器コンクールでは作品が自由曲として演奏され好評を博した。中高生向けのコンテスト曲も多数発表しており、毎年多くの団体に演奏されている。作曲作品及びCDは、ウィンズ・スコア、ブレーンより発売中。これまでに打楽器を石内聡明、何森博子、小松玲子、菅原淳、杉本智恵子、藤本隆文、松倉利之、森ゆき子、の各氏に師事。室内楽を藤本隆文氏に師事。
公式ホームページ
http://daiya1122.wix.com/daiya1

Flute(フルート)





















石田彩子 先生
1990年生まれ。埼玉県出身。12歳よりフルートを始める。
大宮光陵高等学校音楽科を経て、東京藝術大学音楽学部器楽科を卒業。
これまでにフルートを、鈴木康恵、若土祥子、高木綾子、金昌国、中野富雄、木ノ脇道元、室内楽を寺本義明、三界秀実の各氏に師事。また、ジャッグズーン氏のマスタークラス受講。
第2回アジアフルートコンクール第1位(日本人初)。
藝大モーニングコンサートにて、指揮 尾高忠明 藝大フィルと尾高尚忠:フルート小協奏曲を共演。
第18回フルートコンヴェンション アンサンブルアワード部門第3位。
フルートアンサンブル“FEAMS”のメンバーとしても意欲的に活動しており、ウィンズスコア社より発売の「アンサンブルコンテストコレクション」のレコーディングに参加。

現在、フリー奏者として在京オーケストラ、吹奏楽団にエキストラでの参加、映画・ゲーム音楽等のスタジオワークなど様々な演奏活動に従事する傍ら、中・高校生、その他幅広い世代の指導にもあたっている。

Oboe(オーボエ・バスーン)
















熊澤杏実 先生
東京藝術大学院修士課程修了。
東京芸術大学大学院修士課程修了。
愛知県立芸術大学在学中、定期演奏会・卒業演奏会に出演。
第44回東京国際芸術協会新人演奏会にて奨励賞受賞。サイトウ・キネン・フェスティバル松本青少年のためのオペラ、小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXI参加。
オーボエを新田祐子、和久井仁、浦丈彦、小畑善昭の各氏に師事。現在、愛知室内オーケストラに所属。

Sax(サックス)






















佐藤可南子 先生
宮城県仙台市出身。東北大学経済学部・武蔵野音楽大学別科卒。
ヤマハ大人の音楽教室講師。
第36回全日本アンサンブルコンテスト第1位金賞受賞。第72回TIAA全日本クラシック音楽コンサート入賞。第71回東京国際音楽協会新人演奏会出演。
これまでにサクソフォーンを佐藤こずえ、林田和之、栃尾克樹の各氏に、室内楽を亀井政孝氏に師事。

Trumpet(トランペット)












原田照久 先生
埼玉県出身。
2011年に東京芸術大学を卒業。
これまでにトランペットを織田 準一、津堅 直弘、杉木 峯夫、佐藤 友紀、アンドレ アンリの各氏に師事。室内楽を稲川 榮一、秋山 鴻市、杉木 峯夫、板倉駿夫の各氏に師事。
2009年にPMFにアカデミー生として参加。第27回ヤマハ新人演奏会出演。

Tromborn(トロンボーン)












井上亮 先生
埼玉県出身。
伊奈学園総合高等学校、東京音楽大学を卒業
2015セイジ・オザワ松本フェスティバル「子供のための音楽会」、2016小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトⅩⅣ「こうもり」に出演。
東京芸術劇場主催芸術ウィンドオーケストラ団員、フリーのトロンボーン奏者として幅広く活動中。

Horn(ホルン)
















鈴木優 先生
群馬県出身。東京藝術大学卒業。
2014年ヤマハ新人演奏会に出演。Menagerie Brass Quintetとして第10回チェジュ国際金管楽器コンクール金管五重奏部門第1位を受賞。
ホルンを高橋臣宜、守山光三、日高剛、西條貴人、伴野涼介、五十畑勉の各氏に師事。
Menagerie Brass Quintet、Cor Ensemble VENUS、ALEXANDER HORN ENSEMBLE JAPAN、The Horn Square、つの笛集団メンバー。
東京藝術大学管弦楽研究部非常勤講師(芸大フィルハーモニアホルン奏者)、東京交響楽団を経て現在、東京都交響楽団団員。

Tuba(チューバ)






















山崎勇太 先生
鹿児島県出身。神村学園高等部音楽科、東京芸術大学音楽学部器楽科卒業。
第10回大阪国際音楽コンクールSectionII(室内楽部門)にて金管5重奏で参加し、第3位受賞。第33回芸大室内楽定期に金管5重奏で出演。第60回南日本音楽コンクールにて入選。
バイエルン放送交響楽団チューバ奏者Stefan Tischler氏、ニューヨーク・フィルハーモニック トロンボーン奏者Joseph Alessi氏(オーケストラスタディ)のマスタークラスを受講。
これまでにチューバを稲川榮一、久木田絵理子、佐藤和彦の各氏に師事。
また後進の指導にも力を入れており、各地で開催される講習会講師、並びにコンクール審査員なども務める。
作編曲活動も行っており、金管5重奏や吹奏楽などの編成の為に多数アレンジ。
荒川吹奏楽団指揮者、チャオズウインドアンサンブル指揮者、桐朋学園大学音楽学部嘱託演奏員、みやまコンセール協力演奏家。

Euphonium(ユーフォニウム)













斎藤充 先生
国立音楽大学卒業、卒業時に矢田部賞受賞。
奨学金を得てアメリカに留学。ミシガン大学大学院修士課程、
ノーステキサス大学大学院博士課程修了。
日本人初となるユーフォニアムで音楽芸術博士号を取得。
日本管打楽器コンクール、フィリップ・ジョーンズ国際コンクール、
レオナルド・ファルコーニ国際コンクール第1位。
読売新人演奏会、NHK-FMリサイタル、東京オペラシティ主催のリサイタルシリーズ「B→C」、国際テューバ・ユーフォニアムカンファレンス等多くの演奏会に出演。
侍Brass、ズーラシアンブラス各メンバー。
国立音楽大学、同附属高等学校、尚美ミュージックカレッジ専門学校各非常勤講師。

↑ PAGE TOP