法政大学応援団吹奏楽部のホームページへようこそ♪

トレーナー紹介

常任指揮者
Clarinet(クラリネット)





山田昌弘 先生
1967年 静岡県浜松市出身。
浜松市立入野中学校吹奏楽部にてクラリネットを始め、
コンサートマスターを務める。
浜松北高等学校在学中に指揮法、合奏法を修得し、
学生指揮者として活躍。
法政大学に進学後、当吹奏楽団に入部し、四年次に指揮者を務める。
1992年 NTT東日本東京吹奏楽団の指揮者に就任。
これまで全日本吹奏楽コンクール全国大会に7度の出場を果たす。
中学、高校、一般吹奏楽団の指導にも力を注ぎ、
浦和吹奏楽団の常任指揮者も務める。
21世紀の吹奏楽「饗宴」会員。日本管打・吹奏楽学会会員。
日本吹奏楽指導者協会会員。

Percussion(パーカッション)







浜口大弥 先生
香川県出身。12歳より打楽器を始める。
高松第一高等学校音楽科、東京藝術大学音楽学部器楽科を卒業。
アンサンブルユニット「阿修羅少女ーASURA GIRLー」、ヴォーカルユニット「ffake」ドラム担当。打楽器アンサンブルカルテット「NaNoHaNa」、打楽器アンサンブルトリオ「Wattle」メンバー。
アンサンブルや吹奏楽でエキストラ出演するなど多彩に活動中。
演奏活動の他に、中学校、高等学校等の吹奏楽部での演奏指導、打楽器アンサンブルの作曲、アレンジにも力を注いでいる。ウィンズ・スコアより、CD及び作曲作品を発売中。これまでに打楽器を石内聡明、菅原淳、松倉利之、小松玲子、何森博子、森ゆき子、藤本隆文、杉本智恵子の各氏に師事。室内楽を藤本隆文氏に師事。

Flute(フルート)





















伊藤友里加 先生
1980年、東京都出身。 神奈川県立野庭高等学校卒業。
洗足学園大学音楽学部(現・洗足学園音楽大学)器楽科卒業。
洗足学園音楽大学大学院音楽研究科修士課程修了。
第32回フルートデビューリサイタル出演。
第13回日本フルートコンヴェンションコンクール・ピッコロ部門入選。
高校入学時よりピッコロを始め、大学在学中・卒業後もオーケストラなどでピッコロ演奏を数多く行っている。
長い吹奏楽経験による優れた音程感とバランス感覚は、演奏・指導の両面において他楽器奏者からの信頼も厚い。
演奏ジャンルはクラシックのみならず、ラテンバンドでの演奏やシンガーソングライターのアルバム録音にコーラス兼フルートでの参加、
近年は人工内耳使用者に向けた音楽研究所のサポートメンバーとして共に全国を回るなど、幅広い活動を行っている。
大学院在学中より洗足学園中学校・高等学校にて普通科の音楽の非常勤講師助手を務めるほか、関東を中心に後進の指導にもあたっている。
フルートを酒井秀明・西祐美の両氏に師事。室内楽を菅野明彦・藤井むつ子・平野正子・酒井秀明の各氏に師事。

Oboe(オーボエ・バスーン)
















熊澤杏実 先生
東京藝術大学修士課程修了。愛知県出身。
光ヶ丘女子高等学校国際コース卒業。
愛知県立芸術大学在学中、卒業演奏会・定期演奏会出演。
2011年サイトウ・キネン・フェスティバル松本青少年のためのオペラ、小澤征爾音楽塾北京・上海公演、オペラ・プロジェクトXI歌劇『蝶々夫人』参加。2013年東京藝術大学室内楽定期演奏会に出演。
現在、東京・愛知の両方でオーケストラ、吹奏楽、室内楽などでフリー奏者として活動する。
オーボエを新田祐子、和久井仁、浦丈彦、小畑善昭の各氏に師事。
D・ヨナス、H・シェレンベルガーの指導を受ける。室内楽を村田四郎、原田綾子、三界秀実、岡本正之、山本正治の各氏に師事。

Sax(サックス)






















國末貞仁 先生
香川県高松市出身。香川県立高松高等学校、東京芸術大学を経て、同大学院音楽研究科修士課程修了。
サクソフォンを西宇徹、須川展也、石田智子、二宮和弘、冨岡和男の各氏に、室内楽を中村均一氏に師事。
第4回若手奏者のためのコンペティション第1位。
第22回日本管打楽器コンクールサクソフォーン部門第3位入賞。
第3回ブルーポラリス賞優秀個人賞、平成21年度香川県文化芸術新人賞受賞。
これまでに「The Last Country」(ソロアルバム)、「Saxophone Renaissance」(Quatuor B・レコード芸術特選盤)をはじめ多数のCDをリリース。
現在、京都市立芸術大学、洗足学園音楽大学各非常勤講師、あんさんぶっかけ・さぬき座座長、板橋区演奏家協会理事を務めるほか、Trio YaS-375、Quatuor B、Saxofox、Quintet CIRC、Saxaccord、Saxophone Large Ensemble Sherpas、Knockout Brass、シングルリードアンサンブル雷神、シュピール室内合奏団、Brass Exceed Tokyoの各メンバーとして全国各地で活動している。また、2013年3月より高松市観光大使に就任し、故郷のPRにも力を注いでいる。

Trumpet(トランペット)












原田照久 先生
埼玉県出身。
2011年に東京芸術大学を卒業。
これまでにトランペットを織田 準一、津堅 直弘、杉木 峯夫、佐藤 友紀、アンドレ アンリの各氏に師事。室内楽を稲川 榮一、秋山 鴻市、杉木 峯夫、板倉駿夫の各氏に師事。
2009年にPMFにアカデミー生として参加。第27回ヤマハ新人演奏会出演。
ブラスアンサンブル「Jackass」 「煮豆」の各メンバー。

Tuba(チューバ)






















高橋将 先生
1984年、宮城県仙台市生まれ。
尚美学園大学芸術情報学部音楽表現学科管弦打楽器コースを卒業。
2012年、大韓民国・済州島で開催された第7回済州島国際金管打楽器コンペティションテューバ部門セミ・ファイナリスト。
2015年、ソロ・リサイタルを全国3ヶ所(千葉・仙台・東京)で開催する。
これまでにテューバを荻野晋、大塚哲也、室内楽を後藤文夫の各氏に師事。
またメディア出演として映画「のだめカンタービレinヨーロッパ」(2008年)に出演。
現在、フリーランス奏者として首都圏、宮城県を中心にオーケストラ、吹奏楽、室内楽などの演奏活動のほか、小学生から社会人までの幅広い世代への演奏指導においても精力的に活動する。また、吹奏楽指導者としても活動しており、多くの吹奏楽団体へ合奏指導、セクション指導を行っている。
テューバ四重奏伊達吹産、金管五重奏Xive、カリス・ウインド・オーケストラ、各メンバー。伊藤楽器ミュージックサロンららぽーと、ヤマハミュージックジャパン各講師。

Euphonium(ユーフォニウム)













斎藤充 先生
国立音楽大学卒業、卒業時に矢田部賞受賞。
奨学金を得てアメリカに留学。ミシガン大学大学院修士課程、
ノーステキサス大学大学院博士課程修了。
日本人初となるユーフォニアムで音楽芸術博士号を取得。
日本管打楽器コンクール、フィリップ・ジョーンズ国際コンクール、
レオナルド・ファルコーニ国際コンクール第1位。
読売新人演奏会、NHK-FMリサイタル、東京オペラシティ主催のリサイタルシリーズ「B→C」、国際テューバ・ユーフォニアムカンファレンス等多くの演奏会に出演。
侍Brass、ズーラシアンブラス各メンバー。
国立音楽大学、同附属高等学校、尚美ミュージックカレッジ専門学校各非常勤講師。

↑ PAGE TOP