法政大学応援団
〒102-0071  東京都千代田区富士見2-17-1  TEL/FAX 03-3264-6343

基本理念

私たち法政大学応援団は
 人への熱い思いを応援という形にし
 人のために全力を尽くし、人を勇気づけます
学生の代表としての自覚と誇りを持ち
 社会から必要とされる存在であり続けます

行動指針

・人を敬い、自らを律し、何事にも真剣、本気で取り組みます
・常に相手の立場を考えて行動し、一人一人を大切にします
・学生生徒の代表として、学業と応援団活動を両立させます
・仲間のことをよく知り、活動を通じて得られる絆を大切にします
・進取を伝統として、社会に適応していきます

平成三十年度団スローガン「頂」

1月13日(土)に行われた前期全団員集合にて団スローガンは発表となりました。
頂という漢字にはたくさんの意味があり、その中でも3つの意味を特に重視し、本年度は活動に取り組んで参ります。

1、体育会の勝利、頂点という意味を表す「頂」
昨年は体育会の方や私達を含め、法政大学の関係者、ファンの方が悔しい思いをする事が多かったと思います。
本年度こそ法政大学の体育会が大学スポーツで頂点を目指せる様、応援団の役割を一人一人が考え、
本気で応援に取り組み、体育会が良い成績を残す事で法政大学自体を盛り上げる事に繋げていきたい。

2、謙虚という意味を表す「頂」
特に応援活動に於いては私達が主役ではなく、応援させて頂いている立場にいる事、
活動を行うに当たり多くの方々から支援、協力をして頂いているという事を忘れず、
常に謙虚な姿勢で活動に取り組んでいきたい。

3、価値あるものを大切に扱うという意味を表す「頂」
法政大学応援団の礼儀、節度、闘志の三原則を全団員が再認識する事を始め、 これまで引き継がれてきた残していくべき伝統を次世代に繋いでいける様にしていく。
先輩、後輩関係の縦の繋がりや同期との横の繋がりを大切にすると同時に、
応援団関係者のみでなく、関わって下さる方々を団員一人一人に大切にして欲しい。

団員一同、≪頂≫のスローガンの元、本年は精進して参ります。


戻る